PINARELLO FP1 コンポーネント組み替え記(5) - レバー・ディレイラー・ブレーキ取り付け

FP1 TIAGRA→ATHENA組み替え記
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)

なんかやたら大量なレポートになってしまいましたが,ようやく完成形が見えてきましたね.

レバー取り付け

さてレバーについてのうんちく.これが今まで着いていたシマノ方式であるティアグラのレバーです.

ブレーキレバーを握りこんだ状態の写真ですが,レバーの頭の部分が大きくなっています.ここに変速器が埋め込まれていて,レバーを横に倒すことで内蔵された歯車を動作させ.変速ケーブルを引っ張ったり緩めたりしてディレイラーを動かす結果,シフトチェンジが実現するわけですね.この機構のためにレバーの先のスペースを割いているので,レバーのテコ動作の支点(ピヴォット)が下の方にきてしまい,握り心地はちょっと悪いという欠点が代表的でしょうか.

で,こちらがカンパ方式であるアテナのレバー.


レバーの部分はほんとにただのレバーです.そのかわり,レバーが収まっているケース(ブラケット)の中に前述の歯車が内蔵されています.上記のティアグラに対して,レバー周辺がすっきりするかわりにブラケットの細さが制限されてしまうのが欠点ですね.

実際に使っていると,他にも色々と感触や操作性の違いを実感してきますが,そのあたりのレビューはまた別の機会に.

とりあえず単純にレバーをハンドルに取り付ければ良いわけですが,固定するためにネジを締め込む必要があります.組み替え記(3)でティアグラのレバーを取り外した際は六角レンチを使いましたが,今回のレバーはトルクスネジ.六角形ではなく,円から六方向にカギが飛び出したような形になっており,星形とも呼ばれるタイプの規格です.


六角よりもさらにネジ穴をつぶしにくいとはいえ,こんなの普通使わないし誰も持ってないだろう.カンパさんさすが鬼畜.
ただしこのトルクス,Macやその周辺機器をいじる人にとってはほぼ必須の工具.いやーマカーでよかったw

ディレイラー取り付け

まずフロントディレイラーを取り付けます.FP1のフレームには取り付け台座は装備されていないですが,バンドタイプの台座を購入したのでそちらから装着.

台座にディレイラーを固定します.マニュアルに従って,真横から見た時に,外側のギアとディレイラーの外側の板との間隔が1.5mm〜3mmになるように間隔を調節します.

次にリアディレイラーを取り付けます.フロントの固定ネジは六角だったのにリアではトルクスでした.この違いは一体何だ.

ブレーキ取り付け

取り外しの逆です.ケーブル引くところは説明しますがフレームへの取り付け自体は省略.ちなみに,箱から出した時点で既に稼働部にオイルがしっかり塗ってありました.

  • ブレーキセット : Tiagra(BR-4500) - Athena D-Skeleton 2011
    351g - 310g

ケーブル取り付け

カンパのケーブルパッケージはブレーキケーブルとシフトケーブルのセット売りになっています.買い足しの際に不便との声も.太い方がブレーキケーブルです.

是非持っておきたいのはケーブルカッター.汎用のニッパーよりきれいに仕上がると思います.ついでにインナーエンドキャップの頭をつぶす機能もついている場合が多くて便利です.

King TTC ワイヤーロープカッター WC-150

King TTC ワイヤーロープカッター WC-150


まずブレーキのケーブルから取り付けることにします.末端にストッパーのタイコがついてますので,レバーの穴にひっかかるような向きでケーブルを通します.って他に通す方法ないけど.

するするーっと通していくと,ブラケットの根元部分の切れ目からケーブルがコンニチワします.


次にアウターケーブルを切ります.まず仕上がりをイメージして長さを決めます.完成形からどうぞ.


ハンドルに沿わせつつ,中を通るインナーケーブルの動作の抵抗にならないように出来るだけスムーズなカーヴを描くような長さにします.このへんは腕と経験がもろに出そうなんで恥ずかしいところですが,逆に言うとヘタなりにも一番こだることのできる箇所なのかもしれませんね.

アウターケーブルの切断は,中にいらないインナーケーブルの切れ端を通した状態で行うと形がつぶれにくいそうです.しかしそのような策を講じた上でも,俺は正直この作業があまり上手ではありません.



(#^ω^)ピキピキ

アウターケーブルの堅さとほどよい弾力の秘密は,チューブの内部にあるスパイラル形状の金属です.この渦巻きの間にケーブルカッターの刃を入れて,金属を押しつぶさないようにして切る必要があるわけですね.


まぁ許容範囲か.

この状態から千枚通しで穴の形を整えてインナーケーブルを通し,抵抗無く押し引きできることを確認.その後,上記の写真のようにブラケットとブレーキのアウター受けに挿入し,アウターの弾力で突っ張って抜けない状態にします.

続いてインナーケーブルをブレーキに固定.これでレバーを引くことでブレーキが動きます.ブレーキ本体を手で握りこんだ状態で固定するなどして固定する長さと張りを適当なところに調整します.


ブレーキケーブルを張り終わったところで,次にシフトケーブルを張ります.シフトケーブルを固定する穴はこんなところにあります.

下から見ているとなんか普通に穴から入って出てきているように見えますが,上側におもしろい工夫が.

ガイドレールみたいなパーツが埋め込まれてますね.

どうやらカンパのレバーは,このガイドによって二通りのシフトケーブルの取り回し方に対応しているようです.

今回は,ブレーキケーブルと同様にハンドルの内側に沿って配置することにしてみました.

シフトケーブルのアウターもやはり切断して長さを調整するわけですが,前ブレーキ以外のアウターケーブルは,短くしすぎるとハンドルの動きを妨げてしまうため,長さは十分に余裕を持って決定します.ハンドルを左右いっぱいに曲げた時にアウターが伸びきってしまっては良くないです.

アジャスターを回す際に抵抗を軽減させるため,アウターエンドキャップを末端に取り付けてから,アウターケーブル受けに差し込みます.


写真ボケボケですいません.


シフトケーブルは,フレーム最底部のガイドを通してディレイラーまで引いてきます.


フロントおよびリアのディレイラーにケーブルを接続します.写真を取り忘れましたが,リアディレイラーとリアブレーキの周辺部もアウターケーブルが必要です.例によって急なカーヴを描く事が無いような長さに切って取り付けます.


ついでにサイコンのケーブルをフロントブレーキのケーブルに巻き付けておきました.うちのサイコンは無線じゃないので…


ケーブルをビニールテープで仮止めして一通りチェック.大体OK!


次回はバーテープを巻いてチェーンを取り付けます.

FP1 TIAGRA→ATHENA組み替え記
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)